×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シプロキサン

シプロキサン(バイエル薬品、主成分塩酸シプロフロキサシン)は、ブドウ球菌やレンサ球菌、レジオネラ菌や緑膿菌など、さまざまな細菌の感染によって生じる感染症を治療するための薬です。シプロキサンは、細菌が細胞分裂するときに働くDNAジャイレースというタンパク質の働きを邪魔して、細胞のDNA合成を止めることで、細菌を殺します。

シプロキサンの名前の由来
シプロキサンの主成分である塩酸シプロフロキサシンのキノリン環と呼ばれる構造に導入した置換基の名称(シクロプロピル基)に由来して、シプロキサンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

シプロキサン(塩酸シプロフロキサシン)の構造式
シプロキサン(塩酸シプロフロキサシン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「シ」ではじまる薬>シプロキサン




プライバシーポリシー