×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セロクエル

セロクエル(アステラス製薬、主成分フマル酸クエチアピン)は、統合失調症の治療薬です。セロクエルは、脳の中のドパミン受容体やセロトニン受容体というタンパク質の作用を抑えることで、統合失調症の症状を抑える薬です。

セロクエルの名前の由来
セロクエルはセロトニン受容体の働きを抑えることから、セロトニンserotoninの「セロ」及びクエチアピンquetiapineの「クエ」の二つの言葉を結びつけて、セロクエルと命名したそうです。

スポンサードリンク

セロクエル(フマル酸クエチアピン)の構造式
セロクエル(フマル酸クエチアピン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「セ」ではじまる薬>セロクエル

       




プライバシーポリシー