×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タフマック

タフマック(小野薬品工業、主成分各種消化酵素)は、消化不良などの消化器の症状を抑えるための薬です。タフマックには、ジアスメン、ジアスターゼ、オノテース、モルシン、ボンラーゼ、セルロシンA.P、パンクレアチン、ポリパーゼ、オノプローゼAの9種類の消化酵素を含んでいて、でんぷん、タンパク質、脂肪などの消化を助けます。


タフマックの名前の由来
タフマックは胃の消化を助ける薬であることから、丈夫(tough)な胃(stomach)をもたらす薬という意味をこめて、タフマックと命名したそうです。


スポンサードリンク






お薬の名前の由来TOP「タ」ではじまる薬>タフマック

       




プライバシーポリシー