×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイプロトン

タイプロトン(大正薬品工業、主成分ランソプラゾール)は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの、胃酸によっておこる消化管の障害の治療に用います。タイプロトンは、胃の粘膜の下に存在する胃酸を分泌するためのタンパク質「プロトンポンプ」の働きを止めることで胃酸の分泌を減少させる働きを持っています。タイプロトンは、タケプロン(武田薬品)のジェネリック医薬品です。

タイプロトンの名前の由来
タイプロトンは、大正薬品工業のプロトンポンプインヒビター(プロトンポンプを阻害する薬)であることから、大正の「大」と「プロトン」をあわせて、タイプロトンと命名されたそうです。

タイプロトン(ランソプラゾール)の構造式
タイプロトン(ランソプラゾール)の構造式

スポンサードリンク

スポンサードリンク






お薬の名前の由来TOP「タ」ではじまる薬>タイプロトン




プライバシーポリシー