×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チアトン

チアトン(アボットジャパン、主成分 臭化チキジウム)は、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのときに生じる、消化管のけいれんや過活動を抑え、お腹の痛みを抑えるための薬です。チアトンは、消化管の運動を制御する、ムスカリン受容体とよばれるタンパク質の働きをおさえ、消化管を弛緩させ、消化管の運動を鎮めます。

チアトンの名前の由来
チアトンの構造に含まれるチオフェン環(Sが入っている五角形)を表すチ(Thi)と、消化管を弛緩させるという意味のアトニー(atony)から、チアトン(Thiaton)と命名されたそうです。

スポンサードリンク

チアトン(臭化チキジウム)の構造式
チアトン(臭化チキジウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「チ」ではじまる薬>チアトン

       




プライバシーポリシー