×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チアリール

チアリール(日医工、主成分チアプリド塩酸塩)は、脳梗塞の後遺症でおこる精神状態の異常(攻撃的行為、興奮、徘徊など)の改善や、ジスキネジア(自分の意志に反して体が勝手に動く、不随意運動と呼ばれる症状)の治療に用いられる薬です。チアリールは、異常な運動や感情の原因となる、脳内のドパミンと呼ばれる物質の働きを抑える働きを持っています。ちなみにチアリールは、グラマリール(アステラス)のジェネリック医薬品です。

チアリールの名前の由来
チアリールの主成分であるチアプリドにちなんで、チアリールと命名されたそうです。

スポンサードリンク

チアリール(チアプリド塩酸塩)の構造式
チアリール(チアプリド塩酸塩)の構造式



お薬の名前の由来TOP「チ」ではじまる薬>チアリール




プライバシーポリシー