×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テラルビシン

テラルビシン(明治製菓、主成分ピラルビシン)は、乳がんや胃がん、卵巣がんや子宮がん、白血病、などの各種のがんを治療するための抗がん剤です。テラルビシンは、がん細胞の中に入り込み、がん細胞の核酸(DNAの材料)を作る能力を失わせることで、がん細胞の増殖を止めて殺します。

テラルビシンの名前の由来
テラルビシンは赤色をした抗がん作用を持つ抗生物質であることから、Thera(治療)とrubicin(赤いマイシン、、マイシンは抗生物質に付く語尾)を組み合わせることで、テラルビシンと命名したそうです。

スポンサードリンク

テラルビシン(ピラルビシン)の構造式
テラルビシン(ピラルビシン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「テ」ではじまる薬>テラルビシン

       




プライバシーポリシー