×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドロレプタン

ドロレプタン(第一三共、主成分ドロペリドール)は、全身麻酔を補助するために使われる注射剤です。ドロレプタンは、脳の中にあるドパミン受容体(正確にはD2受容体)というタンパク質の働きを止めることで、脳の活動を弱め、強力な鎮静作用をもたらします。そのため、ドロレプタンを全身麻酔前に投与することで、麻酔をかけやすくすることが出来ます。

ドロレプタンの名前の由来
ドロレプタンの有効成分ドロペリドールDroperidol の“Dro”と、強力なNeuroleptics(神経弛緩薬)の“lept”とをあわせ、さらに語呂のよい“an”をつけて、ドロレプタンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ドロレプタン(ドロペリドール)の構造式
ドロレプタン(ドロペリドール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ト」ではじまる薬>ドロレプタン

       




プライバシーポリシー