×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナディック

ナディック(大日本住友製薬、主成分ナドロール)は、高血圧や、狭心症、頻脈性不整脈の治療に用いられる薬です。ナディックは、心臓の働きをコントロールするβアドレナリン受容体というタンパク質の働きを弱めます。
βアドレナリン受容体は心臓の収縮力を強めたり心拍を増やす役割を持っているので、ナディックを服用すると心臓の収縮は弱まります。そのため、血液を押し出す力が弱まり、血圧が下がります。また、ナディックは心臓の収縮を弱め、心臓にかかる負担が軽くします。そして、心臓の負担が軽くなると、狭心症(心臓に酸素がいかなくて苦しい状態)の心臓を楽にすることが出来ます。また、ナディックによって心拍数は減少するので、脈拍が増えるタイプの頻脈性不整脈の治療に用いることができます。

ナディックの名前の由来
ナディックは循環器の病気の治療薬であることから、Normalization of cardiovascular system(心血管系・循環器系を正常化する)にちなんで、ナディック(NADIC)と命名されたそうです。

スポンサードリンク

ナディック(ナドロール)の構造式
ナディック(ナドロール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ナ」ではじまる薬>ナディック

       




プライバシーポリシー