×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニトロール

ニトロール(エーザイ、主成分硝酸イソソルビド)は、狭心症や心筋梗塞を治療するための薬です。狭心症や心筋梗塞の発作は、心臓に栄養を送る冠状動脈という血管が狭くなるため起こります。ニトロールはこの狭くなった血管を広げることで、狭心症や心筋梗塞の発作をおさめたり予防することで、心臓を保護します。ニトロールは、舌の下に投与する(舌下投与)ことで、速やかに体内の吸収されるという特徴を持ちます。

ニトロールの名前の由来
ニトロールは、狭心症治療の代表的な薬であるニトログリセリンと同様なメカニズムをもち、長時間作用が持続する薬であることから、ニトログリセリンよりニトロをとり,語尾をのばして持続性の意味を表わすことで、ニトロールと命名したそうです。

スポンサードリンク

ニトロール(硝酸イソソルビド)の構造式
ニトロール(硝酸イソソルビド)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ニ」ではじまる薬>ニトロール

       




プライバシーポリシー