×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネオ・ユモール

ネオ・ユモール(アルフレッサ ファーマ、主成分メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、グリチルリチン酸)は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎の治療に使われる薬です。メタケイ酸アルミン酸マグネシウムは、胃の中の胃酸を中和する事で、胃酸による胃の障害を押さえます。また、グリチルリチン酸は漢方薬で使われる甘草エキスから得られ、炎症を抑える作用があるとされています。

ネオ・ユモールの名前の由来
ネオ・ユモールのネオは「新しい」、ユモールは「体液」を表しているそうです。

スポンサードリンク

ネオ・ユモール(グリチルリチン酸)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ネ」ではじまる薬>ネオ・ユモール




プライバシーポリシー