×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノルバスク

ノルバスク(ファイザー、主成分ベシル酸アムロジピン)は、血圧を下げるための薬です。ノルバスクは、血管の収縮に関与するカルシウムチャネルというタンパク質の働きを抑えることで、血管を弛緩させ、血圧を下げる薬です。

ノルバスクの名前の由来
英語でのNormalize Vascular(血管を正常化させる)から、ノル(Nor)とバスク(Vasc)を取って組み合わせて、ノルバスクと命名したそうです。

スポンサードリンク

ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ノ」ではじまる薬>ノルバスク

       




プライバシーポリシー