×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノルバテックス

ノルバテックス(アストラゼネカ、主成分クエン酸タモキシフェン )は、乳がんの治療に用いられる抗がん剤です。乳がん細胞の増殖は、女性ホルモン(エストロゲン)により活性化されるのですが、ノルバテックスは、このエストロゲンの働きを抑えることで、乳がん細胞の成長を抑えます。

ノルバテックスの名前の由来
ノルバテックスのノルバ nolvaは、 newness, novel(新しい)をあらわし、 デックス dex は、dexterity(器用さ)をあらわし、これらを組み合わせることで、新しい器用な薬(=良く効く薬)ということを意味するノルバテックスと命名したそうです。

スポンサードリンク


ノルバテックス(クエン酸タモキシフェン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ノ」ではじまる薬>ノルバテックス

       




プライバシーポリシー