×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノイアップ

ノイアップ(協和発酵キリン、主成分ナルトグラスチム(遺伝子組換え))は、骨髄移植の後、好中球と呼ばれる白血球の数を増やすための薬です。骨髄移植は、白血病や再生不良性貧血など、血液が正常に産生されなくなったときに行われます。そのため、骨髄移植のあとにはノイアップのような血液の産生を高めるための薬が必要です。ノイアップは、骨髄の細胞が好中球へと変化させるためのスイッチを入れる働きを持っています。

ノイアップの名前の由来
ノイアップは好中球を増やす働きを持つので、好中球(neutrophi ; neu=ノイ)を増殖(up=アップ)させるという意味を込めて、ノイアップと命名されたそうです。

スポンサードリンク






お薬の名前の由来TOP「ノ」ではじまる薬>ノイアップ




プライバシーポリシー