×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノーゼア

ノーゼア(共和薬品、主成分ドンペリドン)は、胃腸の具合が悪いときにおきる悪心や吐き気、胸焼けの治療に用いられる薬です。また、ノーゼアは抗がん剤の副作用として起こる吐き気の治療にも用いられています。ノーゼアは、胃の動きを活発にして胃の中から食物が胃の外へ排出させやすくすることで胃腸の不快感をおさめます。またノーゼアは、抗がん剤が嘔吐を引き起こすきっかけとなる、脳の延髄にある化学受容器と呼ばれる部分の働きを抑えることで、抗がん剤の副作用に夜吐き気を抑えます。ノーゼアによるこれらの作用は、いずれもドパミンと呼ばれる生体内物質の働きを弱めることで起こります。ちなみに、ノーゼアはナウゼリン(協和発酵キリン)のジェネリック医薬品です。

ノーゼアの名前の由来
ノーゼアは吐き気を抑えるための薬であることから、吐き気を意味するNauseaという単語にちなんでノーゼアと命名されたそうです。

スポンサードリンク


ノーゼア(ドンペリドン)の構造式
ノーゼア(ドンペリドン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ノ」ではじまる薬>ノーゼア

       




プライバシーポリシー