×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パシーフ

パシーフ(武田薬品、主成分塩酸モルヒネ)は、癌による痛み(癌性疼痛)を抑えるための鎮痛薬です。パシーフは、神経や、痛覚をコントロールする脳の部分に存在するオピオイド受容体(μ受容体)というタンパク質を活性化して、痛みを伝える神経の働きを低下さえ、痛みの伝達をストップすることで痛みを抑えます。

パシーフの名前の由来
パシーフは、癌による痛みを抑えるための薬であることから、癌性疼痛を穏かに(PACIFIC)緩和する、という意味をこめてパシーフと命名したそうです。

スポンサードリンク

パシーフ(塩酸モルヒネ)の構造式
パシーフ(塩酸モルヒネ)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>パシーフ

       




プライバシーポリシー