×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パンデル

パンデル(大正富山医薬品、主成分酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)は、様々な原因で起こる湿疹・皮膚炎、虫さされや蕁麻疹などの治療に用いられる塗り薬です。パンデルの主成分である酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンには、炎症を引き起こす物質を合成する遺伝子の働きを止めることで、炎症を強力に抑える作用があります。
パンデルは、外用ステロイド剤と呼ばれるタイプの薬の中でも、中程度の強さとなっており、皮膚に対する副作用は出にくくなっています。成人の場合、最初に選択することが勧められている薬です。

パンデルの名前の由来
パンデルは様々な皮膚病の治療に持ちいられることから、「汎用される」をあらわす「Pan」と皮膚を洗わす「Derma」を組み合わせることでパンデルと命名されたそうです。

スポンサードリンク

パンデル(酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)の構造式
パンデル(酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>パンデル

       




プライバシーポリシー