×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バレリン

バレリン(大日本住友製薬、主成分バルプロ酸ナトリウム)は、てんかんの様々な発作を予防するために用いられる薬です。また、躁鬱病の躁状態(異常にハイになっている状態)を治療するためにも用いられます。
バレリンは、神経細胞の異常な興奮をおさめることで、てんかんの発作を起こりにくくしたり、躁状態を抑えます。

バレリンの名前の由来
バレリンの主成分であるバルプロ酸ナトリウムの化学名sodium 2-propyl valerateにちなんでバレリン(VALERIN)と命名されたそうです。

スポンサードリンク

バレリン(バルプロ酸ナトリウム)の構造式
バレリン(バルプロ酸ナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>バレリン




プライバシーポリシー