×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハイスコ

ハイスコ(杏林製薬、主成分スコポラミン臭化水素酸塩水和物)は、全身麻酔の前に患者さんの精神を鎮める(鎮静)ために用いられます。ハイスコは、脳の神経活動に関与するアセチルコリンという物質の働きを弱めることで、神経活動を抑える作用があります。

ハイスコの名前の由来
ハイスコの主成分であるスコポラミン臭化水素酸塩水和物(Scopolamine Hydrobromide )からハイスコ(Hysco)と命名されたそうです。

スポンサードリンク

ハイスコ(スコポラミン臭化水素酸塩水和物)の構造式
ハイスコ(スコポラミン臭化水素酸塩水和物)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>ハイスコ

       




プライバシーポリシー