×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フスタギン

フスタギン(第一三共、主成分車前草精製エキス)は、気管支炎や肺炎のときの咳を止めたり、痰を押さえるための薬です。フスタギンは、脳にある咳をコントロールする部位(咳中枢)の働きを弱め、咳を抑えたり、気管の粘液量を増やして、痰を出やすくします。

フスタギンの名前の由来
フスタギンは、咳止めや痰を切る作用があることから、Hush(落ち着かせる、鎮める)と車前草精製エキスの成分のPlantagin を組み合わせ(Hus+tagin)、咳や痰をこの薬剤を服用することで、鎮めるという意味をこめて、フスタギンと命名されたそうです。


スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「フ」ではじまる薬>フスタギン

       




プライバシーポリシー