×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プログラフ

プログラフ(アステラス製薬、主成分タクロリムス水和物)は、臓器移植のときに生ずる拒絶反応を防いだり、慢性リウマチなどの免疫機能の亢進によって起こる病気を治療するための薬(免疫抑制剤)です。臓器移植により、他人の臓器を移植すると、体内の免疫細胞が、この臓器をを敵とみなし、攻撃するのが拒絶反応です。プログラフは、免疫細胞を活性化するために必要なサイトカインという物質(IL2、IL6、TNF?など)の分泌を防ぐことで、拒絶反応が起こるのを防ぎます。

プログラフの名前の由来
プログラフは、移植された臓器の拒絶反応を防ぐための薬なので、Protect of graft rejection (移植片拒絶反応の抑制)の下線部をくみあわせ、プログラフPrografと命名したそうです。


スポンサードリンク

プログラフ(タクロリムス水和物)の構造式
プログラフ(タクロリムス水和物)の構造式



お薬の名前の由来TOP「フ」ではじまる薬>プログラフ

       




プライバシーポリシー