×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブロニカ

ブロニカ(武田薬品、主成分セラトロダスト)は、気管支喘息の治療に用いられる薬です。ブロニカは、気管支の収縮をコントロールする物質「トロンボキサンA2」の働きを止めることで、気管の収縮を弱め、喘息の症状を抑えます。ブロニカは「トロンボキサンA2」が「トロンボキサンA2受容体」というタンパク質に結合して、これを活性化するのを防ぎ、「トロンボキサンA2」の働きを止めます。

ブロニカの名前の由来
ブロニカは、気管枝の筋肉に働きかけて気管支喘息をおさえることから、気管支を意味するbronchiaという英語にちなみ、ブロニカと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ブロニカ(セラトロダスト)の構造式
ブロニカ(セラトロダスト)の構造式




お薬の名前の由来TOP「フ」ではじまる薬>ブロニカ




プライバシーポリシー