×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペガシス

ペガシス(中外製薬、主成分ペグインターフェロン アルファ-2a(遺伝子組換ええタンパク質))は、C型肝炎の治療に使われます。ペガシスは、インターフェロンという抗ウイルス作用を持つタンパク質に、ポリエチレングリコールという物質を結合させ、生体内でより長く作用を持続させるよう工夫した薬です。

ペガシスの名前の由来
ペガシスのペガ(PEG)はポリエチレングリコールpolyethylene glycolを意味し、PEGをインターフェロンに結合して合成した薬、つまり、 PEG+Synthesis(合成)で、ペガシスPegasys と命名したそうです。

スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「へ」ではじまる薬>ペガシス

       




プライバシーポリシー