×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘルベッサー

ヘルベッサー(田辺製薬、主成分塩酸ジルチアゼム)は、狭心症や高血圧の治療に使用される薬です。狭心症では心臓の血管が、高血圧は全身の血管が、それぞれ狭く(収縮)しています。ヘルベッサーは、血管の収縮に関与するカルシウムチャネルというタンパク質の働きを抑えて、血管を広げ、狭心症や高血圧の症状を抑えます。

ヘルベッサーの名前の由来
ドイツ語のHerz(心臓)とbessen(より良くする)をあわせた意味で,心臓を良くするという意味をこめて、ヘルベッサーと命名されたそうです。

スポンサードリンク


ヘルベッサー(塩酸ジルチアゼム)の構造式
ヘルベッサー(塩酸ジルチアゼム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「へ」ではじまる薬>ヘルベッサー

       




プライバシーポリシー