×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペオン

ペオン(ゼリア新薬、主成分ザルトプロフェン)は、慢性関節リウマチや腰痛、怪我や歯を抜いたあと、などの時に起きる、炎症や痛みを抑えるための薬です。炎症が起きるのは、炎症を誘発する物質プロスタグランジンの量が増えることが原因です。ペオンは、プロスタグランジンを合成するタンパク質(シクロオキシゲナーゼ)の働きを抑えることで、炎症を鎮めます。

ペオンの名前の由来
ペオンは炎症による痛みをとることから、Pain(痛み)がNon(無い)、ということにちなんでペオンと命名されたそうです。また、もう一つの由来としては、ペオンの主成分がプロピオン酸系というグループに属する化合物であるため、これにちなんでペオンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ペオン(ザルトプロフェン)の構造式
ペオン(ザルトプロフェン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「へ」ではじまる薬>ペオン

       




プライバシーポリシー