×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マーズレン

マーズレン(ゼリア新薬、主成分アズレンスルホン酸ナトリウム他)は、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の症状を抑えるための薬です。マーズレンは、胃の粘膜の炎症をおさえたり、傷ついた胃や十二指腸を修復するのを助けることで、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の症状を改善します。

マーズレンの名前の由来
マーズレンは胃の薬であることから、Margen(ドイツ語で胃)と、主成分のAzulene(アズレン)、の下線部を組み合わせてマーズレンMarzuleneと命名したそうです。

スポンサードリンク

マーズレン(アズレンスルホン酸ナトリウム)の構造式
マーズレン(アズレンスルホン酸ナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「マ」ではじまる薬>マーズレン

       




プライバシーポリシー