×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ムコスタ

ムコスタ(大塚製薬、主成分レバミピド)は、胃潰瘍や胃炎などの胃粘膜の障害を治療するための薬です。ムコスタは、胃の粘膜を保護するために必要なプロスタグランジンという物質の量を増やしたり、胃の粘膜から分泌される粘液を増やすことで胃粘膜を胃酸から守ったりして、胃の障害を治します。

ムコスタの名前の由来
ムコスタはプロスタグランジンの量を増やすことで、胃の粘膜を保護、安定化することから、Mucosal 「粘膜」と stabilizer 「安定化」の下線部、または  Gastric Mucosal Prostaglandin Inducer「胃粘膜のプロスタグランジンの誘導物質」の下線部を結びつけることで、ムコスタと命名したそうです。


スポンサードリンク

ムコスタ(レバミピドの構造式
ムコスタ(レバミピド)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ム」ではじまる薬>ムコスタ

       




プライバシーポリシー