×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ムコブリン

ムコブリン(エルメッド エーザイ、主成分アンブロキソール塩酸塩)は、風邪や気管支喘息などで生じる痰を出しやすくするための去痰薬と呼ばれる薬です。ムコブリンは、気道の細胞からの分泌液を多くして痰を滑らかにしたり、痰を押し出す働きを持つ気道の線毛の働きを高くする事によって、痰を出しやすくします。
ちなみに、ムコブリンはムコソブラン(帝人)のジェネリック医薬品です。

ムコブリンの名前の由来
ムコブリンは、気道の粘液を出しやすくする働きを持つことから、「粘液」を表すmuco(ムコ)にちなんで、ムコブリンと命名されたそうです。


スポンサードリンク

ムコブリン(アンブロキソール塩酸塩の構造式
ムコブリン(アンブロキソール塩酸塩)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ム」ではじまる薬>ムコブリン




プライバシーポリシー