×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランサップ

ランサップ(武田薬品、主成分アモキシシリン、クラリスロマイシン、ランソプラゾール)は、胃の中のピロリ菌を殺すための薬です。ランサップには、アモキシシリン、クラリスロマイシンという抗生物質と、胃酸の分泌を抑えるランソプラゾールが含まれています。ランソプラゾールは、胃の中で抗生物質が胃酸のために壊れるのを防ぐ役割を持っています。

ランサップの名前の由来
成分のランソプラゾールLansoprazoleと、抗生物質Antibioticsの詰め合わせ(パッケージ) Packageの下線部を取って、ランサップLANSAPと命名したそうです。

スポンサードリンク

ランサップの各成分の構造式

アモキシシリン

クラリスロマイシン


ランソプラゾール




お薬の名前の由来TOP「ラ」ではじまる薬>ランサップ

       




プライバシーポリシー