×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラックビー

ラックビー(興和、主成分ビフィズス菌 Bifidobacterium)は、下痢や便秘などの腸の異常を治療するための薬です。腸内細菌の分布(腸内細菌叢;ちょうないさいきんそう) が、抗生物質の投与などの原因で乱れたときには、下痢や便秘などの症状が起こります。ラックビーは、腸内細菌の一種である乳酸菌を凍結乾燥したものです。ラックビーは、乳酸菌を腸内に送り込むことで、腸内細菌のバランスを正常にもどし、下痢や便秘を治療します。

ラックビーの名前の由来
ラックビーを発売した時のビフィズス菌の菌名であった、ラクトバチルス ビフィダス(Lactobacillus bifidus)にちなんで、ラックビー(LAC-B)と命名されたそうです。

スポンサードリンク




お薬の名前の由来TOP「ラ」ではじまる薬>ラックビー

       




プライバシーポリシー