×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レキップ

レキップ(グラクソ・スミスクライン、主成分ロピニロール塩酸塩)は、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病では、脳の中のドパミンという物質の働きが失われ、運動障害が起こります。レキップは、このドパミンの代わりとなって、ドパミンが調節する神経活動を活性化し、パーキンソン病の進行を防ぎます。

レキップの名前の由来
レキップはドパミン神経を活性化することから、Re(再び)という接頭語とequip(人に身支度させる、必要品を持たせる、供給する)という動詞を組み合わせ、「再び活動ができる」「再びドパミンを供給する」という意味をこめ、レキップと命名されたそうです。
スポンサードリンク

レキップ(ロピニロール塩酸塩)の構造式




お薬の名前の由来TOP「レ」ではじまる薬>レキップ

       




プライバシーポリシー