×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レルパックス

レルパックス(ファイザー、主成分臭化水素酸エレトリプタン)は、片頭痛の治療薬です。片頭痛は、脳内の血管が拡張して起こると考えられています。レルパックスは、脳の血管の収縮をコントロールするセロトニン受容体というタンパク質の働きを活性化させることで、脳の血管を収縮させ、片頭痛を抑えます。

レルパックスの名前の由来
レルパックスのレルrelは英語のrelief(苦痛の軽減、安心)を パックスpaxはラテン語でpeace(平和)をそれぞれあらわしており、苦痛を取り除いて平和な気分にする、という意味をこめて、レルパックスと命名されたそうです。

スポンサードリンク

レルパックス(臭化水素酸エレトリプタン)の構造式
レルパックス(臭化水素酸エレトリプタン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「レ」ではじまる薬>レルパックス

       




プライバシーポリシー