×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アレジオン

アレジオン(日本ベーリンガーインゲルハイム、主成分 塩酸エピナスチン)は、アレルギー鼻炎や皮膚炎などのアレルギー症状や、気管支ぜんそくの治療に使われる薬です。アレジオンは、アレルギーの原因となりヒスタミンの働きを抑制する(ヒスタミン受容体というタンパクの働きを抑えたり、免疫細胞からのヒスタミンの分泌をあさえたり)ことで、アレルギー症状を治します。

アレジオンの名前の由来
アレジオンのア(A)は、なくすという意味を持ち、レジオンは、病変(=lesion)という意味をもつことから、病変をなくする(=Alesion)という意味をもるアレジオンと命名したそうです。

スポンサードリンク
アレジオン(塩酸エピナスチン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アレジオン

       




プライバシーポリシー