×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリナミン

アリナミン(武田薬品、主成分フルスルチアミン)は、ビタミンB1を改良した化合物で、ビタミンB1を補給するための薬です。また、アリナミンはビタミンB1不足によっておきる脚気や神経痛、便秘などの胃腸障害の治療にも用いられています。ビタミンB1は、腸の中でアノイリナーゼという酵素で分解されるのですが、アリナミンは、ビタミンB1を改良して、アノイリナーゼで分解されにくくなっています。そして、アリナミンは、細胞の中に入ってはじめてビタミンB1であるチアミンに変化し、様々な作用を示します。

アリナミンの名前の由来
アリナミンは、ビタミンB1(チアミン)を分解するアノイリナーゼに抵抗性をもつ化合物であることから、「ノイリナーゼ抵抗性チアミン誘導体」の下線部をとって、アリナミンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

アリナミン(フルスルチアミン)の構造式
アリナミン(フルスルチアミン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アリナミン

       




プライバシーポリシー