×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アナペイン

アナペイン(アストラゼネカ、主成分塩酸ロピバカイン)は、手術のあとの痛み(術後痛)を抑えるための鎮痛薬です。神経が痛みを伝えるときには、ナトリウムチャネルというタンパク質が重要な働きをしています。アナペインは、このナトリウムチャネルの働きを抑えることで、痛みをとる薬です。アナペインは、脊髄をつつむ硬膜という膜の外に投与することで、脊髄の痛みの伝達をとめて、麻酔作用を示します。

アナペインの名前の由来
アナペインは鎮痛薬であることから、鎮痛を意味する"Analgesia;アナルゲジア" と,疼痛を意味する"pain;ペイン"を組み合わせ,モ痛みを取るモという意味のこめて、アナペインと命名したそうです。

スポンサードリンク

アナペイン(塩酸ロピバカイン)の構造式
アナペイン(塩酸ロピバカイン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アナペイン

       




プライバシーポリシー