×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフタッチ

アフタッチ(帝人ファーマ、主成分トリアムシノロンアセトニド)は、アフタ性口内炎を治療するための薬です。アフタッチは、口内炎ができた部分に貼り付けて、薬剤を直接口内炎ができた部位に届けることができます。アフタッチは、ステロイドの一種であり、炎症を抑える強力な作用を持っています。

アフタッチの名前の由来
アフタッチは口内炎用の張り薬であるので、aphthae (アフタ)とtouch (タッチ;接触)という言葉を組み合わせてアフタッチと命名したそうです。

スポンサードリンク

アフタッチ(トリアムシノロンアセトニド)の構造式
アフタッチ(トリアムシノロンアセトニド)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アフタッチ

       




プライバシーポリシー