×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルドメット

アルドメット(万有製薬、主成分メチルドパ水和物)は、高血圧の治療に用いられる薬です。アルドメットの主成分であるメチルドパは、脳の中に入って、αメチルノルエピネフリンという物質に変わります。そして、α-メチルノルエピネフリンは、脳内のα2アドレナリン受容体というタンパク質を活性化して全身の血管を緩めることで、血圧を低下させます。また、血圧調節に関わるアドレナリンの働きを弱める作用も持っています。

アルドメットの名前の由来
アルドメットの主成分であるメチルドパAlpha-MethyldopaのAL、MET、DOを組合わせて、アルドメットALDOMETと命名されたそうです。

スポンサードリンク

アルドメット(メチルドパ水和物)の構造式
アルドメット(メチルドパ水和物)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アルドメット

       




プライバシーポリシー