×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アデカット

アデカット(武田薬品工業、主成分デラプリル塩酸塩)は、高血圧の薬であり、血圧を下げる作用を持っています。アデカットは、血圧を挙げる働きをもつアンギオテンシンIIを合成する酵素 (ACE)の働きを止めることで、アンギオテンシンIIの量を減らし、血圧を下げる作用を示します。アデカットのような薬は、ACE阻害剤と呼ばれています。

アデカットの名前の由来
アデカットはアンギオテンシン変換酵素(ACE)を阻害(切るCUT)することにより血圧を下げる作用を示すので、アデカットと命名されたそうです。
スポンサードリンク

アデカット(デラプリル塩酸塩)の構造式

アデカット(デラプリル塩酸塩)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アデカット
       




プライバシーポリシー