×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アスペノン

アスペノン(バイエル薬品、主成分塩酸アプリンジン)は、心臓のリズムが乱れ(不整脈)の治療に用いる薬です。アスペノンは、心臓の拍動(心拍)が多くなるタイプ(頻脈)の不整脈の治療に用いられます。アスペノンは、心拍を引き起こすナトリウムチャネルというタンパク質の働きを抑制することで、心拍のリズムを正常な状態にもどします。

アスペノンの名前の由来

アスペノンは、不整脈の治療薬なので、aspen(英語)「ポプラの葉のような,よく震える。ポプラの葉のようにぶるぶる震える」という単語を用いて、「ざわざわ」「ぶるぶる」と震える心臓を抑えるという意味を表すために、アスペノンと命名されたそうです。
スポンサードリンク

アスペノン(アプリンジン)の構造式

アスペノン(アプリンジン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アスペノン
       




プライバシーポリシー