×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アタラックス

アタラックス(ファイザー、主成分ヒドロキシジン塩酸塩)は、蕁麻疹や皮膚炎によりかゆみを押さえるための薬です。またアタラックスは、神経症のときに不安や緊張、落ち込みの症状を治療するためにも使われます。
アタラックスは、炎症の原因となるヒスタミンの作用を押さえることで、かゆみを押さえます。また、アタラックスが脳の中に入ると、神経活動を鎮めて不安などを取り除きます。アタラックスの神経に対する作用も、おそらくヒスタミンの作用を押さえるためだと思われます(ヒスタミンの働きを抑える成分を含む風邪薬が、すぐに眠くなるのとおなじ原理)

アタラックスの名前の由来

アタラックスは、不安の症状を鎮めることから、ギリシャ語で「心に平和を」を意味するアタラックス(ATARAX)にちなんで、アタラックスと命名したそうです。
スポンサードリンク

アタラックス(ヒドロキシジン塩酸塩)の構造式

アタラックス(ヒドロキシジン塩酸塩)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アタラックス
       




プライバシーポリシー