アポプロン

アポプロン(第一三共、主成分レセルピン)は、高血圧の治療に用いられる降圧剤です。血圧を維持する仕組みとして、交感神経がカテコラミンという神経伝達物質を放出し、このカテコラミンが血管を収縮させて血圧をあげるというシステムがあります。カテコラミンは、血管を収縮させた後、交感神経に再び吸収される事でその働きを終え、次の出番を待つのです。アポプロンは、カテコラミンの交感神経への吸収を押さえる事で、カテコラミンが交感神経へ戻れなくしてしまいます。そのため、アポプロンにより交感神経の働きは弱まり、血管が収縮できない事で血圧が下がります。

アポプロンの名前の由来
アポプロンは血圧を下げる薬なのですが、血圧を下げる事で脳卒中(apoplexy)を起こらなくする、ということを期待して、アポプロンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

アポプロン(レセルピン)の構造式

アポプロン(レセルピン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アポプロン
       




プライバシーポリシー