アルファロール

アルファロール(中外製薬、主成分アルファカルシドール)は、ビタミンDが不足することで起こる症状を治療するための薬です。ビタミンDが不足すると、生体内のカルシウム量のコントロールが乱れる事で、骨が弱くなったり、骨が痛くなったり、手足のしびれや麻痺(テタニー)が起こります。アルファロールは、体内でビタミンD様の働きを持つ化合物に変化する事で、これらの症状を治療します。
また、アルファロールは、骨を作る働きがある事から、骨粗鬆症の治療にも用いられます。

アルファロールの名前の由来
アルファロールの主成分「アルファカルシドール;1α-hydroxycholecalciferol」にちなんで、アルファロール(α + rol)と命名されたそうです。

スポンサードリンク
アルファロール(アルファカルシドール)の構造式

アルファロール(アルファカルシドール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ア」ではじまる薬>アルファロール
       




プライバシーポリシー