×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オスペイン

オスペイン(日医工、主成分エトドラク)は、慢性関節リウマチの炎症や痛み、けがや手術後の炎症や痛みを抑えるための薬です。オスペインは、炎症が起こる原因であるプロスタグランジンという物質を作る酵素、シクロオキシゲナーゼの働きを抑えることで、炎症を防ぎ痛みを抑えます。

オスペインの名前の由来
オスペインは消炎鎮痛剤であることから、痛み(pain:ペイン)を抑(おさ)えるの意実をこめて、オスペインと命名されたそうです。

スポンサードリンク

オスペイン(エトドラク)の構造式
オスペイン(エトドラク)の構造式




お薬の名前の由来TOP「オ」ではじまる薬>オスペイン

       




プライバシーポリシー