×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガストローム

ガストローム(田辺製薬、主成分エカベトナトリウム)は、胃炎や胃潰瘍で痛めた胃の粘膜を治療するための薬です。ガストロームは、胃の粘膜を覆ったり、胃を守るプロスタグランジンという物質を作る能力を高めたることで、胃の粘液を増やしたり、胃の消化酵素の働きを阻害したり、胃への血液の流れを良くしたりして、傷ついた胃の粘膜を守ります。

ガストロームの名前の由来
ガストロームのガストGastroは「胃」を表し、ロームLoamは、「砂と粘土が堆積した地層」を表し、これらを組み合わせて、ガストロームが「胃粘膜を覆うように堆積層を形成し、胃を守る」様子を表現した。

スポンサードリンク

ガストローム(エカベトナトリウム)の構造式
ガストローム(エカベトナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>ガストローム

       




プライバシーポリシー