×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カタクロット

カタクロット(小野薬品、主成分オザグレルナトリウム)は、脳の中の血管が収縮して狭くなったり、血液の塊で血管が詰まったりして、脳に障害が起こるのを防ぐための薬です。カタクロットは、血液を固まらせるのに関与するトロンボキサンA2という生体内物質の働きをとめることで、血管で値が固まらないようにします。また、カタクロットは、プロスタサイクリンという、血管を広げる働きを持つ生体内物質の量を増やして、脳へ血液がいきやすくすることで、脳を保護します。

カタクロットの名前の由来
カタクロットは、血液が固まるのを防ぐ薬であることから、cata-(反対の意味の接頭語)とclot(凝塊、血塊、血の固まり)を組み合わせて、カタクロットと命名したそうです。

スポンサードリンク

カタクロット(オザグレルナトリウム)の構造式
カタクロット(オザグレルナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カタクロット

       




プライバシーポリシー