×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カイロック

カイロック(藤本製薬、主成分シメチジン)は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使われる薬です。カイロックは、胃酸を分泌する指令を出すヒスタミン受容体(H2受容体)というタンパク質の働きを抑えて胃酸の分泌を止め、胃瘍や十二指腸を胃酸から守ることで、潰瘍を治します。

カイロックの名前の由来
カイロックはH2受容体の働きを抑えるH2ブロッカーという種類の薬であることから、H2ブロッカーで潰瘍(かいよう)をブロックするということを意味するカイロックと命名したそうです。

スポンサードリンク

カイロック(シメチジン)の構造式
カイロック(シメチジン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>カイロック

       




プライバシーポリシー