×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガスロン

ガスロン(日本新薬、主成分マレイン酸イルソグラジン)は、胃炎によっておこる胃の粘膜の障害を治すための薬です。ガスロンは、胃の細胞を保護したり、胃へ送られる血液量を高めたり、炎症を抑えたりなど、さまざまなメカニズムで、胃の粘膜の障害を収めます。

ガスロンの名前の由来
ガスロンは、作用が長い胃薬であることから、gastric ulcer(胃潰瘍)とlong-acting(長時間作用)を組み合わせて、ガスロンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ガスロン(マレイン酸イルソグラジン)の構造式
ガスロン(マレイン酸イルソグラジン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「カ」ではじまる薬>ガスロン

       




プライバシーポリシー