×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケタス

ケタス(杏林製薬、主成分イブジラスト)は、気管支喘息や脳梗塞(カプセル剤)、アレルギー性結膜炎(点眼剤)の治療に用いられる薬です。ケタスは、気管支や脳の血管の筋肉の収縮をコントロールするホスホジエステラーゼというタンパク質の働きを抑え、喘息のときの気管の収縮を鎮めたり、脳の血管を拡張させ脳に栄養が行き届くようにします。また、ケタスはアレルギー反応を引き起こす生体内物質(ロイコトリエンやPAF)の働きを抑えることでアレルギー症状を抑えます。

ケタスの名前の由来
ケタスは、「杏林製薬のエポックメイキング(画期的)な喘息と脳梗塞の治療薬;Kyorin's poch-making drug in the reatment of Asthma nad troke.」 であることから、下線部を組み合わせてケタスKETASと命名したそうです。

スポンサードリンク

ケタス(イブジラスト)の構造式

ケタス(イブジラスト)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ケ」ではじまる薬>ケタス

       




プライバシーポリシー