×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラジェン

サラジェン(キッセイ薬品、主成分ピロカルピン塩酸塩)は、口の渇きの治療に用いられる薬です。サラジェンは、頭にできた癌の放射線治療で起こる口の乾きという副作用や、シェーグレン症候群という病気でおこる口の渇きの治療に用いられています。
サラジェンは、唾液の分泌をコントロールしているムスカリン受容体というタンパク質を刺激することで、唾液腺の唾液を分泌させるスイッチをONにして、唾液を分泌させ口の渇きを治します。

サラジェンの名前の由来
サラジェンは唾液を出すための薬なので、唾液(Saliva)をうむ(Generation)薬という意味を込めて、サラジェンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

サラジェン(ピロカルピン塩酸塩)の構造式
サラジェン(ピロカルピン塩酸塩)の構造式



お薬の名前の由来TOP「サ」ではじまる薬>サラジェン

       




プライバシーポリシー