×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サークレチン

サークレチン(あすか製薬、主成分カリジノゲナーゼ)は、高血圧症やメニエール病、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病)で起こる、全身の血のめぐりが悪くなる症状(末梢循環障害)を治療するために用いられる薬です。また、サークレチンは、更年期障害の治療にも用いられています。
サークレチンは、体の隅々の末梢血管を広げる作用をもっており、血管が狭くなることによって血の巡りが悪くなった状態を改善することが出来ます。

サークレチンの名前の由来
サークレチンは、全身の血の巡り(循環)を良くするための薬であることから、循環を表すCirculationという英単語にちなんで、サークレチンと命名されたそうです。

スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「サ」ではじまる薬>サークレチン

       




プライバシーポリシー